婦人

宅建は通信講座からでも習得することが可能

的確にまとめられた教材

図面

ポイントを押さえた学習

宅建は人気のある資格の1つであり、毎年多くの人が受験します。合格率で見ると15%〜17%となっており、狭き門となっています。また、毎年何かしらの法改正が発生することもあるため、翌年に受験する際には、追加知識が必要になるというのも、この資格試験の合格が難しい理由と考えられます。宅建の勉強方法としてはいくつかありますが、その中で人気となっているのが、通信講座での勉強になります。宅建は、上記にも記載した通り、毎年の法改正に対応する必要があります。また、元々の試験自体も、民法をはじめとして、不動産に関わる法律や、税法なども範囲となっており、かなり多くの法律を網羅しなくてはなりません。元々法律の勉強をしている方などは、基礎知識があるため問題ないのかもしれませんが、法律を初めて勉強する人にとっては、この膨大な範囲を効率よく勉強する必要があります。通信講座が人気となる理由の一つがここにあります。通信講座では、毎年の傾向などを分析し、合格するために必要な知識を凝縮して、試験範囲を効率よく勉強できるようなテキストを準備してくれています。加えて、知識習得がどの程度進んでいるのかを確認するテストも用意されており、テストを記入し、郵送することで結果を戻してもらうことが可能であり、進捗も確認できるのが、通信講座を受けるメリットです。また、通信講座全般に言えることですが、社会人で時間の限られている人は、通学をする時間の調整が難しいため、通信講座を選択することが多くあります。宅建を受験する方は社会人も多く含まれているため、こういった理由から宅建受験者では、通人講座を選択する方が多くなっています。