婦人

宅建は通信講座からでも習得することが可能

さまざまな分野で活かせる

ウーマン

資格の活用法と学習法

宅建とは、宅地建物取引主任者の略であり、宅建業の仕事だけでなくローン会社など不動産を担保とする金融業やその他にも小売業など違う業界でも使うことができる資格です。毎年約20万人以上の人が受験する資格で、国家資格の中でも有名な資格です。それだけ需要があり、幅広い業界で活かせる資格なのです。副収入で不動産投資を始めたい人も必ず取らなければならない資格でもないのですが、不動産に関する知識を身に付けることで、不動産業者と同じ目線で話をすることができる、リスクを低減できるメリットがあります。小売業でも店舗開発の仕事では、宅建の知識が必要であったりもします。試験についてですが、年1回の試験です。長い歴史のある資格なので、受験対策も立てやすく一発合格も可能です。学習方法についてですが、独学・通信講座・スクールに通う方法があります。お金をかけたくないのであれば、書店などで参考書を購入して独学で学習する方法があります。お金をかけずに学習できるメリットはありますが、不動産の事がまったく初めてであると理解するのに時間がかかったり、周りに聞ける人がいないデメリットがあります。スクールですが、講師の声を生で聞けるので学習効果が高いです。ただし、講義開始時刻が決まっており仕事関係で毎回行くことができないなど忙しかったり、近くにスクールが無い人は不便となります。宅建の通信講座は、独学と変わらないように思えますが、最新の傾向を捉えたテキストで学習ができます。通信講座には、WEBで講義模様を視聴できるサービスもあるので、スクールと変わらない感覚で学習ができます。忙しい方や自分のペースで学習したい方には通信講座です。