女の人

宅建は通信講座からでも習得することが可能

的確にまとめられた教材

図面

宅建は、その試験範囲が広く、効率的に勉強をすることが合格には欠かせないポイントとなります。しかし社会人になると仕事の関係上、時間の調整が難しくなるため、通学が難しい場合が多くあります。そのため宅建をうける方の多くは、通信講座を選択し、効率的に自分の好きな時間に学習を進めていきます。

さまざまな分野で活かせる

ウーマン

宅建は、宅建業以外にも様々な分野で活かすことができる資格です。就職や転職に有利です。学習方法ですが、通信講座であれば自宅に居ながら学習ができ、WEBで講義も視聴できるのでスクールと変わらない感覚で進めることができます。

人気の資格を取得する

模型を調べる人

不動産以外の業種でも歓迎

宅建は不動産関連の国家資格ですが、他業種でも就職や転職の際に有利だとして人気の高い資格です。宅地建物取引業者にあっては、各事務所の従業員のうち5人に1人は宅建の資格を持っていなければならないとされています。物件の買い手や借り手に重要事項を説明したり、契約書の中身を確認して記名押印したりする仕事は宅建資格の保有者が行わない限り正当なものとは認められません。また、宅建が持つ不動産取引に関する専門知識は、会社がオフィスを賃借したり工場用地を取得したりする際にも生かされます。そのため、一般企業の中にも社員に資格取得を奨励しているところが少なくありません。宅建は人気の高い資格なので、受験勉強の方法はたくさんあります。中でも利用者が多いのが、通信講座です。通信講座であれば、働きながら資格取得を目指す人や就職活動の一環として勉強したい大学生であっても、仕事や学業と両立しながら準備を進めることができます。宅建受験者向けの通信講座は非常にたくさんの種類があり、内容もさまざまです。ごく標準的な仕組みとしては、テキストと過去問題集がセットになった教材をベースに週に2コマずつ課題を消化し、最後に模擬試験を受けるというのが基本スタイルです。課題は全部で50前後、つまり6か月程度の学習期間で合格を目指すというのが一般的です。速習者向けに3か月・4か月などの短いコースを設けているところもあります。通信講座によっては、テキストの他にCDやDVDなどを利用して講義を聴講できるものもあります。また最近ではインターネットを活用して、WEB動画で講義を受けられたり、メールで質問ができるサービスを提供しているところも増えています。

就職・転職に有利な資格

文房具

宅建は不動産取引に関する国家資格ですが、土地建物の流通に関するエキスパートとして、一般企業への就職・転職にも有利とされています。働きながら資格取得を目指すなら、効率的に勉強できる通信講座が適しています。